2012年11月15日

移転しました!

こんにちは。

この度、Amebaにブログを移転しました。

http://ameblo.jp/yy-freestyle/

引き続きサッカーボールのある生活をよろしくお願いします。

posted by よーすけ at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

What's Freestyle Football?

こんにちは。
9月から、香港のスポーツ雑誌PLAYにて自分が書いたコラムを掲載させてもらっています。
香港では書店やコンビニでも販売されているらしいので、香港に行く機会がある人は探してみてください!

そのコラムですが、自分が日本語で書いたものを訳してもらっています。
せっかくなので日本の方にも読んでもらいたいのでブログでは自分が書いた原文のほうを公開します。
では、以下が最初の9月分の記事です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

皆さん初めまして。
東京を拠点に活動をするプロフリースタイルフットボーラーの横田陽介(Yosuke)です。
このコラムを連載するにあたって、最初のテーマはずばりフリースタイルフットボールとは何なのか、です。

フリースタイルフットボールの発祥はもちろんサッカーにあります。
よくどの国で生まれたのかと聞かれますが、世界各地のフットボーラーが持ってる技術から自然発生していったものなので、どこの国で、というものではないと思います。
古くはマラドーナや、現在ではロナウジーニョやCロナウド、ネイマールといったスターフットボーラーが披露するリフティングなどの技術がフリースタイルフットボールの原型であり最もシンプルな形です。
現在ではフリースタイルフットボールを説明するのにしばしば「音楽と合わせて」といったフレーズが登場しますが、彼らがサッカーのピッチ上で音楽を聴いているわけではもちろんないので、音という要素は必要不可欠なものではないと思います。
ただし、もちろんフリースタイルフットボールには色々な楽しみ方があり、音楽に合わせることも一つの楽しみです。人に見せて楽しむこともできるし、自分自身の上達を楽しむこともできる。
1人で黙々と練習するのも楽しいし、仲間とみんなでボールを蹴るのも楽しい。サッカーやフットサルの合間にやるのも楽しいし、サッカーとは全く関係の無い場面で楽しむこともできる。

フリースタイルフットボールはその名の通り、自由です。
前述のように楽しみ方も自由です。
自分はその楽しみ方を限定することなく、むしろ拡げることを目標にこれからもボールを蹴り続けます。
香港の皆さんも是非、ボールを蹴ることの楽しさを一緒に追求し続けませんか。

横田陽介
posted by よーすけ at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

RedBull StreetStyle World Final in Lecceに行って

またまたご無沙汰しております。すみません。いい加減ブログ復帰します。
(追記:と思ってこのブログ書いたのですが、度重なるエラーに苛まれ苦肉の策で写真なしでアップロードしてみます。)

言わずと知れた世界最大のフリースタイルフットボールの大会、RedBull Street Styleの世界大会に参加するためイタリアのレッチェに行ってました。
参加といっても今回の日本代表はtokuraこと徳田耕太郎で、自分はジャッジとしての参加です。
50カ国以上の代表を16人に絞る予選のジャッジをしてきました。

会場では、ダービッツやカンナバーロ、インザーギといったサッカー界のレジェンドに会えたり(中でもダービッツは四年前にブラジルで会った時のことを覚えていてくれて、英語が上手くなったと褒めてくれた!!)、夢のような時間でした。
決勝前のShowcaseに出演していたBMXライダーでレッドブルアスリートのViki Gomezとも再会して、毎晩一緒に飲みに行ったり、決勝戦もずっと一緒に観戦しました。
そして、この大会の最も素晴らしいことは世界中のフリースタイルフットボーラーとのコミュニケーションにあると思います。
ヨーロッパ、アジア、北米、中南米、アフリカのボールを蹴ることが好きで好きでたまらない奴らが同じホテルで約5日間を共にする。こんなに素晴らしいことはないと思います。

さて、気になる大会の結果ですが連日のテレビ報道で知ってる人も多いと思いますが、日本のtokuraが優勝しました!!
すごい!!
実際、予選を見てtokuraは日本予選の時よりも格段に進化していて、楽しそうにバトルしている奥にものすごい努力が見えました。
いざ決勝トーナメントが始まると、会場の雰囲気にもマッチしていて、その段階で優勝が見えましたね。
俺がブラジルであとちょっとのところで獲れなかった世界一。本当にすごい、素直にリスペクトです。

そして、嬉しかったのがインタビューで、詳しく覚えてないから多少間違ってるかもしれないけど
「自分の努力もあるけど、日本のレベルの高さや、よーすけさんがブラジルで二位だったことなども繋がっている」
というような意味のことを言ってくれていました。(隣で自分がプレッシャーかけてたのもあるけど笑)
でも、確かに、自分が世界二位になれたのも球舞で色々学んだからだし、周りを見ればすぐ近くに上手いフリースタイルフットボーラーがたくさん居て、尊敬できるパフォーマーやアスリートもたくさん居るという日本の環境が、tokuraの世界一という結果に繋がっていると思います。
もちろん1番はtokura本人の努力であることは間違いないけれども。

これから先もtokuraの世界一という結果が絶対に何かに繋がると思います。
他のフリースタイラーも発奮しているし、tokura自身もネクストステージへ向けてやる気満々だし。
そして何より俺が!燃えています!!

淡々と書いていますが、ものすごく悔しいです。
決勝戦を見ていた時は、もう予選のジャッジも終わっていたので、tokuraのいちファンとして、何より日本のフリースタイルフットボール仲間として全力で応援していたので、tokuraが優勝した時は嬉しい以外の気持ちはなかったです。
ただ、終えて興奮が醒めてくるとやはりライバルに自分より上の成績を残されて、悔しいし羨ましいし、嫉妬する。
他のフリースタイラーで世界を目指す人の中にも少なからずこういう気持ちになった人も居るのではないでしょうか。
でも自分が大事だと思うことは、こういう気持ちをプラスのエネルギーに変えることだと思っています。
世界最高の結果に対しては、どうディスっても無意味だし、八つ当たりでしかない。
それよりもそのエネルギーを練習やその他のフリースタイルフットボールを盛り上げる活動に充てるべきだと思います。

確かに、今まで世界二位という肩書きに助けられて営業してきた自分の仕事は減るでしょう。
でも長い目で見ると、ここでフリースタイルフットボール自体が盛り上がったことにより、単純にフリースタイルフットボールのカルチャーの注目度も高まり動くお金も増えると思うので、自分は全く心配ないです。
ここで変なやっかみで誰かのテンションを下げるよりも、日本のフリースタイルフットボール界全体がtokuraが起こしてくれた追い風に乗って、みんなでモチベーションを上げていく方が全員にとって得だと思います。

さて、熱く書いてしまいましたがイタリアでの話に戻ります。

向こうでtokuraと約束をして来ました。
来年はワールドファイナルまでtokuraはシードであることが予想されるので、日本予選を勝ち上がったもう1人の日本人が世界大会に出れる。
その決勝の舞台で、日本人対決をしよう。日本に帰ったらまたライバルだ。

今まで隔年開催だったRBSSですが今年から毎年開催されます。
しかも、来年は世界大会が日本で開催されることが決定しました。

日本での世界大会、その決勝の舞台での日本人対決をみなさん観てみたくありませんか?

俺はその実現に向けて精一杯頑張ります。応援してください。
ここ集中!!
posted by よーすけ at 17:31| Comment(4) | TrackBack(0) | イベントレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

RBSS World Final

ブログではご無沙汰してます。
ブログしか見てない方には、いきなり過ぎますが、今からイタリアに行ってきます。
RBSS World Finalのジャッジとして招待されました。


ではでは〜
posted by よーすけ at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

Pivo!創刊号

image/2012-07-21T12:14:41-1.JPGフットサルマガジンPivo!が、フットボールカルチャーフリーペーパーPivo!に生まれ変わりました!

その創刊号が今月発刊、自分のインタビューが丸々1ページ載ってます。
自分が何のためにフリースタイルをするのか、何を目指しているのか。

気になるかたはフットサル施設やスポーツショップを探してみてください〜
posted by よーすけ at 12:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。